「ほう・れん・そう」の研修レポート

2019年4月に行われた全体研修では6名の新入社員を迎えて実施しました。


通常はエステ技術の実践的なトレーニングが中心ですが今回は「ほうれんそう」の大切さを知ってもらうべくゲーム形式のレクチャーを実施しました。

1.ほうれんそう(報告・連絡・相談)とは?

ほう=「報告」、れん=「連絡」、そう=「相談」、それぞれの大切さとテクニックをおさらいします。
事実を正確に伝えないとお客様の要望を正しく伝える事ができなくなります。

2.チーム分けと役割分担

まずはチーム分けを実施、各チーム内で情報屋ABC3つの役割に分けてそれぞれ情報を取りに行きます。
各部隊にそれぞれ指令した情報をもとにミッションを実行します。

 

【ルール】

  • 各チーム、情報屋A・情報屋B・情報屋Cの3つの担当をきめます。
  • 情報屋ABCはそれぞれ決められた部屋にのみ入ることができ、部屋にはそれぞれ司令が書かれた紙が貼ってあります。
  • リーダーは情報屋全員の指示を聞いてミッションを完成させます。

3.情報屋A

情報屋Aの指示は情報屋Bに指定の場所にとある犬の写真が付いたカップを取りに行くこと。
どんな犬なのか?を正確に伝えないといけません。

その手の動きは何?(笑)

え?鬼?大丈夫でしょうか…

 

4.情報屋B

情報屋Bへの指示は「カップを一つ選んで完成させること」
情報屋Aの指示がないとなんのことだかか分かりませんね。

情報屋Aからの指示はビーグル犬を持って帰ること!エクセレント!具体的な指示です!

やった!一番にゲットです!早速チームの場所へ戻ります。

5.情報屋C

情報屋Cへの指示は「ミッションが完成したら挙手してから完成品とチーム全員の写真・感想を社内SNSの指定の場所にアップすること」簡単な指示ではありますが、漏れがあってはいけません!最後の詰めもしっかりと!完成して終わりではありませんよ!

ナノブロックが予想以上に小さくて難しい…

みんなで相談しあいながら、ワイワイ楽しく作っていました。

情報を分析する力、情報を正確に伝える力、わからないときは知恵を出し合い、仲間と協力しながら目的を達成させる。
「ほうれんそう」の大切さを仲間たちと認識しあえる、とても有意義で楽しい時間でした。

求人案内/エントリーはこちら

求人案内/エントリー>